#contents
  
 あまりwikiが分らないので、とりあえず。
 
 *''自己紹介''
 
 名前:hikarupsp
 -名前:hikalium (旧hikarupsp)
 -以下の内容は非常に古いです。最新の情報は https://hikalium.com をごらんください!
 
 *''CHNOSProject''
 
 二つのwikiに同じ内容をいちいち書くのは非効率的だと思うので、こっちはあまり更新しません。
 その代わり、
 http://osask.net/w/520.html
 のほうに更新するので、ぜひごらんになってください。
 
 新しいプロジェクト、CHNOSProjectを開始します。
 今回は、harib27fからではなく、かなり前のIPLを作って、32ビットに移行する辺りから作ります。
 実現するかは分かりませんが、とりあえず今の計画案はこうです。
 
 CHNOSProject (案)
 
 命名理由
 C,H,N,O,S,P それぞれは、元素記号で炭素、水素、窒素、酸素、硫黄、リンを表し、これらを組み合わせることにより、多くの有機化合物を創り出すことが出来る。このことから、ユーザーの目的に応えられるように自分から進化していくようなOSを目指して命名しました。
 
 構想
 
 プログラマーにも、ユーザーにも、OSをOSと感じずに、まるで人間を相手としているかのような分かりやすく、快適な使い心地を実現する、APIとシェル
 
 具体例
 
 分かりやすいシステム操作、エラーメッセージ、ヘルプ
 より体感的な操作
 重い処理の時はそれなりの早さを、軽い処理は徹底的に無駄を省く
 どんな場合も、必ずシステムは上位に立ち、制御を失わない
 プログラムのインストールという概念を無くし、削除はフォルダごと捨てれば簡単確実・再起動不要
 エラー、バグ、ウイルスに負けないカーネル
 もし修復不能になっても、最低限の機能での動作を保証(物理的問題は例外)
 どのOS、どのプログラムとも確実に互換性を保つ
 ハードウエアに合った、負荷を掛けすぎない
 
 計画ページはこちらです。
 
 
 http://sourceforge.jp/projects/chnosproject/
 
 http://chnosproject.sourceforge.jp/wiki/
 
 現在の進行状況は、上のページの「CHNOSProjectの詳細」の、「開発計画」より参照できます。
 
 一応ZIPファイルで公開していますが、最新の開発中のものはSVNよりダウンロードすると便利です。
 
 http://sourceforge.jp/projects/chnosproject/svn/view/beta/tolset_chn_000/chnos_006/?root=chnosproject
 
 誤動作が起きても責任は取れませんが。
 
 *''半角カタカナ対応hankaku.txt''
 実は、hankaku.txtだけでも、半角カタカナは使えます。
 半角カタカナを追加するのは地道で面倒だと思うので、作ってみました。
 
 http://osdn.dl.sourceforge.jp/chnosproject/45774/hankaku.txt
 
 右クリックして、「対象をファイルに保存」を押してダウンロードしてください。
 ライセンスは、KL-01です。
 
 *''こめんと欄''
 -テストです。これでいいのかな? -- [[hikarupsp]] SIZE(10){2009-08-29 (土) 01:13:44}
 -ようこそ! -- [[K]] SIZE(10){2009-08-30 (日) 09:20:25}
 -こんにちは。 -- [[anzy]] SIZE(10){2009-09-26 (土) 21:14:15}
 
 #comment

リロード   新規 編集 差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS